「2011年JIPPOバザー」開催報告

JIPPOの社会支援活動資金を捻出するためのバザーを今年も西本願寺の「御正忌報恩講」に合わせ、1月13日~16日の4日間、「ご縁まちマルシェ」で開催しました。

会員の方々をはじめ全国の寺院などから食器やタオル類、日用雑貨など1000点以上の販売品を提供いただき、今年も盛大に行うことができました。

今年の御正忌報恩講はご正当(親鸞聖人750回大遠忌法要の締めくくり)と言うこともあり、ご縁まちマルシェの会場もにぎわい、併設の福島物産販売とともに毎日多くの方が買い求めてくださいました。また今回は昨年夏に実施したタイスタディツアーの参加者や国際協力を学ぶ学生が大勢ボランティアに駆けつけ、販売を手伝ってくれました。

4日間で271,983円の売り上げとなりましたが、若干の商品が残っているため2月16日に開かれる大谷本廟の朝市でも引き続き販売する予定です。

今回のバザーの売上金は、昨年大きな被害で日本の経済活動にも大きな影響があったタイの洪水被害など、海外での災害被害復興支援活動のために使わせていただきます。

皆さまのご協力に心から御礼申し上げます。

ご縁まちマルシェに設けられたバザーのブース

 

  • 2012年01月26日(木)

ページの先頭へ