菜の花プロジェクト「お花見会」を開催

JIPPOは5月18日、南相馬市小高区の菜の花畑で、栽培農家のみなさんとお花見イベントを行いました。

菜の花プロジェクトは、東京電力第一原子力発電所事故による放射能汚染を受けた南相馬市内において、ナタネ栽培により農業の再生をめざす活動です。JIPPOの支援する小高区のファーム蛯沢では今年、約15ヘクタールの菜の花畑が見事な花盛りを迎えました。

「お花見会」は、京都や山形、仙台など南相馬内外から約30人が集まり、持ち寄った山菜などを昨年搾った菜種油で天ぷらにし、舌鼓を打ちながら楽しく交流しました。菜種は6月下旬に収穫し、油を搾ります。南相馬の新たな特産品として売り出していきたいと期待しています。

お花見天ぷら150518IMG_0435お花見会食150518IMG_0445お花見畑150518IMG_0457

  • 2015年05月22日(金)

ページの先頭へ