東日本大震災復興支援「JIPPO菜の花プロジェクト」にご協力ください

土壌中の放射能を”菜の花”で吸収し、汚染されてしまった耕地を再生!
さらに菜の花から「バイオディーゼル油」「バイオガス」を生産し、 エネルギーの自給へ役立てるプロジェクトです。

JIPPOは平成25年度事業として、福島県南相馬市、飯舘村などで、農地に菜の花を栽培することで放射性物質を除去する「菜の花プロジェクト」を実施します。

東電福島第一原発の事故被災地では、さまざまな除染活動が行われています。しかし除染事業における最大の難点は、土地や建物から除去した放射性物質の処分方法です。仮置き場も、最終処分場も地域住民の反対が強く、いまだに決まっていません。菜の花プロジェクトの場合、ナタネ油を製造したあとに残る植物体の放射性物質は、容積(量)を徐々に縮減して、最終的には原子力発電所から出るゴミと同様に処分してもらいます。ナタネ油からはディーゼル油を、バイオマスからはバイオガスを生産し、農業機材の燃料などに利用する予定です。このプロジェクトは単年度の事業ではなく、継続して実施していきます。

指定寄付の名称

「JIPPO菜の花プロジェクト」

受付口座番号

郵便振替 

口座記号番号:00980-4-321233 加入者名:特定非営利活動法人JIPPO

※ 通信欄に「菜の花プロジェクト」とご記入ください。

受付期間

2013年4月1日から2014年3月31日まで(第1期)

お問合せ先

JIPPO事務局

  • 2013年03月30日(土)

ページの先頭へ