参加者募集 「ネパール スタディツアー 2018年春」

「人々の苦渋に共感し、できることをしよう」


今回のJIPPOスタディツアーは、ネパールに住むチベット難民の村やネパールの女性人権擁護団体の活動現場を訪れます。


難民や人身売買、HIV/AIDS被害者に対する差別などの現状を知り、私たち一人ひとりが出来ることを一緒に考えませんか。


ツアーには、30年にわたりチベット難民を支援してきたダーナインターナショナルの定光大燈さんが同行します。また現地で支援活動を行っている「ルンタプロジェクト」の代表、中原一博さんが現地の施設を案内しながらネパールでの人身売買の被害者に支援を始めたいきさつなどをお話しくださるプログラムもあり、大変充実した内容になっています。


このツアーはダーナインターナショナル(DIC)とJIPPOの共同企画で実施します。


主な日程: 2018年3月3日(土)~10日(土) 8日間


3/3(土) 関西空港(9:30)発、仁川乗換、カトマンズ(18:05)着


3/4(日) チベット難民の学校「ナンギャル高等学校」訪問、宿泊


3/5(月) チベット難民の学校「ソンチェン プリクティ寄宿学校」訪問


3/6(火) 人身売買被害の当事者団体「シャクティ サムハ」訪問、カトマンズ本願寺訪問


3/7(水) HIV/AIDS被害者支援団体「シャクティ ミランサマージュ」訪問


3/8(木) ルンビニ仏教大学表敬訪問、パタン見学


3/9(金) カトマンズ世界遺産(スワワンプナート、ダルバールスクエア、クマリ寺院、パシュパナーティナート、ボダナート)見学、 カトマンズ(20:30)発


3/10(土) 仁川乗換、関西空港(10:45)着


〈旅行代金〉 218,500円(2名1室利用)(別途、任意の海外旅行保険料、JIPPO会員年会費が必要です)。

旅行代金に含まれるもの:航空運賃、現地専用車、日程に記載のホテル・食事代、企画料

旅行代金に含まれないもの:旅券取得費用、日本国内費用、お土産、電話代などの個人的 費用、23kg以上の超過手荷物運搬料、一人部屋追加代(21,000円)

〈利用予定航空会社〉大韓航空(コードシェア便)

〈利用宿泊施設〉ホテルターメル(カトマンズ)、ナンギャル高等学校寮(3/4一泊、男女別相部屋)

〈添乗員〉同行しません(事務局から2名同行します)

〈定 員〉10人(最少催行人員8人)

〈申込締切日〉2018年1月15日(月)


旅行企画・実施: JTB西日本 団体旅行京都支店 電話:075-284-0173(担当 森川)


呼びかけ団体 特定非営利活動法人JIPPO                                                                     電話:075-371-5210


ネパール スタディツアー チラシ(表裏)


ネパールスタディツアー チラシ


 

  • 2017年11月20日(月)

ページの先頭へ